里親さまにお渡しするまでにかかる費用


里子となるワンちゃんは、そのまま次の飼い主様にお渡しするわけではございません。 飼い主様にとってもワンちゃんにとっても一番よい状態でようやくお渡しできます。 里親会の会費の使い道になります。 去勢手術:

避妊去勢費用にかんしては、わんちゃんのサイズなどによって違いますが、

メス 避妊手術万〜

オス 去勢手術万〜

私たちは、仮設施設などで、危険を伴った手術は致しません。

この子達は、私たちの子(犬)と思って、通常のわんちゃん達と同じレベルで手術を致します。

検査、入院などの費用で1頭当たり8万円前後かかっております。

食事(3ヵ月分):400036000円 訓練(3ヵ月分):約60万円 預かり訓練の場合

訓練やトレーニングをした状態でのお渡しです。

輸送費用:約万円〜万円(遠くは九州から集まります。) 実際に費用はこのくらいかかります。 しかしこれらの金額を里親様に全て請求するわけではございません。 一匹でも多くのわんちゃんを、素敵な飼い主様のもとへお渡しし、楽しい毎日をスタートしていただくために、里親会や月々のサポート会員による寄付があります。

わんちゃんを愛する皆様へお願いです。 ぜひ里親会や月々の会員になって頂きご支援をお願い致します。 様々なカタチで飼い主をなくしたこの様なわんちゃんを一匹でも減らしたいという想いで、私たちは活動を続けております。 ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。 >>里親会についてページに戻る

最終的にご負担頂いている金額 

5万〜7万  医療費の実費

月々3000円以上のつなぐいのちペット友の会に入って頂くこれ以外条件はありません。

(クレジットカード決済もしくは銀行引き落としのみ)

つなぐいのちペット友の会

保健所に連れてこられる6割が飼い主さん死亡、入院が原因で持ち込まれています。

これをなくす為私たちは、里親会に入って頂き、飼い主さんにもしもの事が起こった場合、私たちが、里親さんを探したり、老犬で里親が見つからない場合は、最後までお世話をさせて頂きます。

保健所に行かない仕組みを作っていきます。

不幸なわんちゃんを無くす為に

#里親 #東京都

特集記事
最新記事