犬の機嫌がいい悪いには必ず理由があります

May 22, 2017

犬も私たち人間と同じ心を持った生き物ですから、時々機嫌が悪くなるときがあります。
 

機嫌が悪いことに明確な理由があるときもあれば、理由もわからずになんだか心がモヤモヤすることだってあります。

それももちろん、犬だって私たちと同じです。


ですが、ずっと機嫌が悪いままでいると、心や体の健康に影響してきます。
 

ですから、出来るだけ機嫌が悪い原因を取り除いてあげることが、私たちが犬のために出来る最善の行いだと思います。


 

 


機嫌が悪い時とはどんなとき?

 

まず、犬の機嫌が悪い時とは、いったいどんな状況でしょうか。

例えば、飼い主の呼びかけに反応しない触ろうとするとマズルにしわを寄せてうなったりするあからさまに機嫌の悪い顔をするといったように色々とありますが、愛犬と長く一緒に生活をしてきた飼い主さんなら、機嫌が悪い状況は結構簡単にわかるのではないでしょうか。

犬は態度や表情で様々に表現してきます。

あからさまに「不機嫌な顔」をするときもあります。(可愛いらしいんですけどね。)


さて、その原因はいったい何でしょうか。

ハッキリとわかればいいんですが、生憎私たちは犬とは言葉が交わせないので、探ってあげる必要があります。

ただ、犬の機嫌が悪いときの多くの原因は、ストレスによるものだと思いませんか?

犬たちは、色んなことでストレスを感じます。

お留守番の時間が長いときなかなかお散歩に行けないとき孤独感を感じるとき運動不足なとき上記に書いたようなときにはストレス過多になり、機嫌が悪くなります。

そして機嫌が悪いのが続く(ストレスを溜めすぎる)と、心と体の調子が悪くもなります。

目に見えるほど調子が悪い時は、食欲やその他の様子をよく観察し、病院に連れて行くことも視野に入れておくようにしてください。

もちろん一番大切なことは、必要以上に病院に連れていく必要がないように、愛犬と向き合う時間をしっかり取ることです。

 

 

 

 オスとメス、躾でも変わる


犬の機嫌は、ホルモンバランスの乱れによって悪くなることもあります。

男の子であれば発情期、女の子であればヒート状態の時にホルモンバランスが崩れ、結果として機嫌が悪くなることに繋がります。

女の子に発情してしまった男の子は、飼い主にもご飯にすらも興味を示さなくなってしまう場合があります。

そしてヒートになってしまった女の子は、イライラしてしまったり不機嫌になりがちです。

発情やヒートでイライラしてしまって、他の犬に吠えかかったり、噛みついたりする犬もいます。

こういった場合には、一つの解決手段として去勢や避妊といった手術をすることもあります。

しかし、単なるわがままで機嫌が悪くなっている犬もいるのは事実です。

躾をおろそかにし、可愛い可愛いだけで育ててしまうと、往々にしてこういった状態が発生します。

自分の要求に飼い主が応えなかったりすると、もう大変です。

ウーウーとうなったり、吠えたり、挙句の果てには飼い主を無視したり…。

犬によって表現は様々ですが、もうとにかく機嫌が悪くなります。

こういうとき、犬は飼い主より自分の立場が上、つまり自分がリーダーだと思ってしまっているのです。

こういった場合には、もう一度、犬との関係を構築し直す必要があります。

飼い主さんが犬に対してきちんとリーダーシップをとり、そして犬にとって信頼できるリーダーになりましょう。

そうすれば関係は自然と改善します。そしてその後の犬との生活も、今までよりも更にお互いに、信頼できる素晴らしいものになるでしょう。


 

 

原因を探ってあげることが大切

 

このように、犬が機嫌の悪い時には様々な原因があります。
 

ですが、その原因がわかりさえすれば、取り除いてあげることは比較的簡単なことではないでしょうか。


犬の機嫌が悪い時にはその行いに対して、飼い主さんも一緒にイライラしてしまって、犬も飼い主さんも共に機嫌が悪くなってしまうかもしれません。


そして怒ってしまったり、時には叩いてしまう飼い主さんもいるかもしれません。

しかし、それは決してやってはいけない行為です。



犬の立場からすれば、なぜ怒られたのか、なぜ叩かれたのか、その理由が全くわかりません。


それが原因で不信感を持たれてしまうばかりか、信頼関係をも崩してしまう可能性があります。


犬は人間と同じ言葉が喋れない以上、飼い主さんがその態度や行動から原因を推察し、そして改善しなければなりません。


犬を見ていると色んなことがわかります。機嫌が良くてはしゃいだり、喜んだり、悲しんでいたり、ぼーっとしたり。本当にたくさんの表情と態度を見せてくれますよね。



飼い主さんがそれらを一つ一つ、きちんと理解してあげることが大切です。

 

そうすれば、「今は機嫌がいいときだから一緒に遊ぼう」、「機嫌が悪いようだけど理由はあれかな?」といったように、より犬の感情をわかってあげられるようになります。

 

愛犬の行動にきちんと責任が持てる人は、きっとご自身の行動にも責任を持つことが出来る人のはずです。

 

愛情を持ってきちんと躾けて、環境をしっかりと整えてあげて、飼い主さんの責任ある行動を日々見せることが出来れば、犬はきっとその行動に応えてくれるのです。
 

  

本日も、最後までお読みいただきまして誠にありがとうございます。
今読んでいただいている方は、ワンちゃんの健康管理を考えて検索いただいた素敵な飼い主さんかと思います。飼われているワンちゃんも幸せを感じているはずです。

あなたのような素敵な飼い主さんと知り合うことができて、全てのワンちゃんが楽しい毎日を過ごせる世の中であればいいのですが、残念ながら全てのワンちゃんが幸せな一生を過ごしているわけではございません。

急に飼い主さんがお亡くなりになったり、ブリーダーの崩壊などで、住む場所を失い、殺処分を余儀なくされるワンちゃんや猫ちゃんたちは1年間で

平成26年度 101,338件
平成27年度 82,902件

にものぼります。(環境省 統計資料)

このようなワンちゃんを一匹でもなくすために、私たちは日々街頭での寄付活動を行っております。
この記事をお読みいただいた方の中で、私たちの理念に共感いただける方がいましたら、ぜひ寄付のご協力をお願いします。

少しでも寄付のハードルをさげるために、カード決済、銀行振込などで500円から受付けしております。

>>
皆様からいただく寄付金の使い道はこちら

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

この記事を気に入っていただけましたら是非シェアボタンをお願いします。

 

 

一般社団法人つなぐいのち ペットホテルらぶはーとについて

JR大森からのアクセス

大森海岸駅からのアクセス 

 

 

ペットサロン ペットホテルらぶはーとは 一般社団法人つなぐいのちの運営施設です。

皆様の利用料金は殺処分0活動に使われます。

 

殺処分をゼロ(0)に

保護にはたくさんの費用がかかります。

皆様の温かい支援(寄付)により運営されております。

 よろしくお願いします。

 

ゆうちょ銀行へ寄付の振込の場合
記号 10140
番号 94015831
名前 シャ)ツナグイノチ

 

他銀行間での寄付の振り込みの場合
店名 018
預金種目 普通預金
口座番号 9401583

 

一般社団法人つなぐいのち 
郵便番号 140-0013
東京都品川区南大井3−24−8

 

不要になった首輪やリード、フードペットシーツなどございましたら、

頂けれると大変助かります。

 

物資送り先
一般社団法人つなぐいのち
郵便番号 140-0013 
東京都品川区南大井3−24−8

 

 

寄付はこちらからお願いします(クレジットカードでの寄付 マスター ビザのみです。)

 

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

ブリーダー崩壊により保護したわんちゃん(犬)や保健所より引き出したわんちゃん(犬)や個人が亡くなって飼えなくなったわんちゃんの保護活動をしております。
 

皆様の温かい寄付にて運営さています。


ゆうちょ銀行振り込みやクレジットカードでの毎月の引き落としなどの寄付もできます。

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

 

Facebookでシェア
Twitterでシェア
Please reload