ドッグランデビューで気を付けておきたいことや散歩との違い

May 17, 2017

ドッグランで愛犬を思いっきり走らせて遊ばせてあげたい、という飼い主さんは大勢いると思います。
 

ですが、飼い主さんがしっかりルールを守っていないと、愛犬が他所の犬とのトラブルに巻き込まれたりすることがあります。
 

そうならないためには、どうすればよいでしょうか。


 

 

 


ドッグランとお散歩は別

 

まず、ドッグランはお散歩の代わりではないということを、飼い主さんがよく把握しておかなければいけません。
 

愛犬のことを思うなら、日常のお散歩をしっかりと行って、日々蓄積されていくエネルギーとストレスは発散させてあげましょう。


お散歩には中々行くことがなく、エネルギーを溜めるだけ溜めたままでドッグランに行ってしまうと、愛犬の中に溜まっていたエネルギーを爆発させてしまい大変なことになります。



次に、ドッグランで他の犬や飼い主さんに嫌われる行為についてもよく理解しておかないといけません。

 

ドッグランで嫌われる行為


ドッグランで嫌われる行為は他の犬(飼い主含む)に対して、
 

  • 吠える

  • 噛みつく

  • 喧嘩をする

  • 執拗に追いかけまわす

といった、全般的に攻撃している、もしくはそれに近い行為全般です。

こうならないためには、やはり飼い主さんの「躾」が重要になってくると共に、愛犬の仕草や態度がどれだけ理解できているかが大切です。

特に「呼び戻し」がきちんと出来ているかどうかは重要です。

この躾がきちんとできていると、他の犬とトラブルになりそうなときでも飼い主さんが察知することで、トラブルを避けることが出来ます。

もし、「呼び戻し」がまだ完全に出来ない場合は、日常のお散歩の最中にロングリード等を使ってしっかりトレーニングしておきましょう。


 

 

ドッグランデビューは慎重に

 

愛犬と共に初めてドッグランに行く「ドッグランデビュー」は、目的地の利用者が少ない日時を選びましょう。

日頃、お散歩等で他の犬に接することで慣れていると思っていても、実際にたくさんの犬の中にいきなり放り出されてしまうと、思わぬ行動をとってしまうことがあります。

まずは徐々に慣れていくことが大切です。

たいていのドッグランの入り口には、ゲートが付いていると思います。まずは、そのゲートを通る柵の前で他の犬が来るかどうかを探ってみてください。

他の犬が近寄って来なかったり、近寄って来ても興奮していなかったり、吠えてくるといった攻撃してくる姿勢が見られなかったら、中に入っても大丈夫です。

もし、他の犬が少し騒々しくなるようであれば、しばらく様子を見た方が賢明です。

そしてしばらく待ってみても他の犬が落ち着かないようでしたら、残念ですがその日は諦めます。

愛犬の命に関わるかもしれないトラブルは、未然に防ぎます。

 

 

 

 

愛犬と共に初めてのドッグラン

いよいよドッグラン内に入ったら、まずはリードやロングリードを必ず付けたままで、飼い主さんが付いて様子を見てあげてください。

愛犬にとっては、いきなりいつもと違った環境に戸惑ってしまうかもしれません。

思いもよらぬ行動をとってしまう犬もいますから、最初は用心しましょう。

しばらく様子を見て問題がないようでしたら、リードを外しても大丈夫です。

外した直後も、もちろん愛犬から目を離してはいけません。愛犬の様子を注意深く見守ってあげることが大切です。

ドッグランでは、飼い主さん自身も注意しなければいけないことがあります。
他の犬や飼い主さんとの貴重な触れ合いの場ですが、そこには当然マナーがあります。

まずは挨拶でしょうか。飼い主さんがきちんと挨拶をすることが出来るというのは、その飼い主さんはもちろん愛犬も他の飼い主さんに好きになってもらえる要素です。

挨拶なんて当たり前、と思う方もいるでしょうが、その当たり前のことが出来ない飼い主さんも中にはいるようです。

気持ちの良い挨拶をした後は触れ合いもしやすくなりますから、きちんとしておくことで愛犬と飼い主さんのドッグランでの楽しみ方も変わってきます。

また、他の犬を触ったり、おやつをあげたりするときは、飼い主さんにきちんと許可を得てからにしましょう。
犬によっては、知らない人に触られることに慣れていなかったり、食べてはいけないものがあったりするからです。

そして何よりも大切なのは、飼い主さん自身も愛犬と同じく楽しむことです。

愛犬は、飼い主さんが楽しんでいる姿を見ることに、きっと幸福を覚えることでしょう。
もちろん楽しく過ごしながらも、愛犬の姿はしっかりと見守ってあげてください。

飼い主さん同士で話に夢中になったりしないで、愛犬がいつでも視野に入っているようにしましょう。

犬によっては遊びに夢中になり、飼い主さんのことを忘れてしまうこともあります。そうなると、飼い主さんの呼び戻しはもちろん制止も聞かなくなってしまうことがあるからです。



必ず守ってほしいこと

ドッグランで必ず守ってほしいこと、それは排泄物の処理です。

多くのドッグランでは、水を入れたペットボトルと、排泄物を捨てるためのごみ箱を用意してくれていますので活用しましょう。

まれに排泄物を捨てるところがないドッグランもありますが、そういったところではお散歩のときと同様にきちんと持って帰るようにするだけです。

犬が用を足したものは、決してそのまま放置してはいけません。これも飼い主さんのマナーの一つです。


 

 



最後に、ドッグランは愛犬にとっても飼い主さんにとっても楽しく遊べる場です。
それはやはり、ルールとマナーがあるからこそなのです。

ドッグランに慣れることが出来れば、愛犬も飼い主さんもきっと楽しく遊べるようになると思います。

楽しく過ごすことで、愛犬も飼い主さんもお互いたくさんの思い出を作ってください。

 

本日も、最後までお読みいただきまして誠にありがとうございます。
今読んでいただいているような素敵な飼い主さんと知り合うことができ、全てのワンちゃんが楽しい毎日を過ごせる世の中になるように私たちは祈り、活動しておりますが、残念ながら飼い主さんがお亡くなりになったり、ブリーダーの崩壊などで、住む場所を失い、殺処分を余儀なくされるワンちゃん、猫ちゃんたちが1年間で

平成26年度 101,338件
平成27年度 82,902件

にものぼります。

このようなワンちゃんを一匹でもなくすために、私たちは日々街頭での寄付活動を行っております。
この記事をお読みいただいた方の中で、私たちの理念に共感いただける方がいましたら、ぜひ寄付のご協力をお願いします。

少しでも寄付のハードルをさげるために、カード決済、銀行振込などで500円から受付けしております。

>>
皆様からいただく寄付金の使い道はこちら

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

この記事を気に入っていただけましたら是非シェアボタンをお願いします。

 

 

一般社団法人つなぐいのち ペットホテルらぶはーとについて

JR大森からのアクセス

大森海岸駅からのアクセス 

 

 

ペットサロン ペットホテルらぶはーとは 一般社団法人つなぐいのちの運営施設です。

皆様の利用料金は殺処分0活動に使われます。

 

殺処分をゼロ(0)に

保護にはたくさんの費用がかかります。

皆様の温かい支援(寄付)により運営されております。

 よろしくお願いします。

 

ゆうちょ銀行へ寄付の振込の場合
記号 10140
番号 94015831
名前 シャ)ツナグイノチ

 

他銀行間での寄付の振り込みの場合
店名 018
預金種目 普通預金
口座番号 9401583

 

一般社団法人つなぐいのち 
郵便番号 140-0013
東京都品川区南大井3−24−8

 

不要になった首輪やリード、フードペットシーツなどございましたら、

頂けれると大変助かります。

 

物資送り先
一般社団法人つなぐいのち
郵便番号 140-0013 
東京都品川区南大井3−24−8

 

 

寄付はこちらからお願いします(クレジットカードでの寄付 マスター ビザのみです。)

 

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

ブリーダー崩壊により保護したわんちゃん(犬)や保健所より引き出したわんちゃん(犬)や個人が亡くなって飼えなくなったわんちゃんの保護活動をしております。
 

皆様の温かい寄付にて運営さています。


ゆうちょ銀行振り込みやクレジットカードでの毎月の引き落としなどの寄付もできます。

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

 

Facebookでシェア
Twitterでシェア