犬のお散歩ってこんなに楽しい!

April 24, 2017

「犬のお散歩ってこんなに楽しい!」
 

と、手放しで思えるようになるには、実は少し苦労が必要かもしれません。

  • おトイレの処理

  • 他の通行人やお散歩中の犬に近付いていく

  • 落ちている物(食べ物じゃなくても)を食べようとする

  • 向かう方向とは異なる方へ行こうとする

等々。

気を使わなければいけないことは、たくさんあります。

ですが、それは飼い主として当然の務めであると同時に、きちんと躾けてあげなければいけないことなのです。
 

そしてそんな「苦労」の段階を越えることが出来たときには、犬との楽しい楽しいお散歩が待っています。
 

お散歩は、人間にとっては日常生活の一コマに過ぎないかもしれません。ですが、毎日毎日、お家で過ごしている犬にとっては、毎日の生活の中のクライマックスと言っても過言ではないイベントなのです。
 

なので精一杯、楽しませてあげたいところです。

 


お散歩をより楽しく

 

犬にお散歩を楽しんでもらうには、どうすればよいでしょうか。
 

まずは、自分が楽しむことが大切です。自分が楽しいと思えるお散歩は、やはり犬にとっても楽しいものなのです。
 

では、自分がお散歩を楽しむにはどうすればよいのでしょう?例えば、お散歩中に話しかけてあげてみるのはどうでしょうか。
 

「お花が咲いてるよ」


「大きな鳥が飛んでるよ」


「歩くのが早すぎるよ」


「今日はあっちへいこうか」


といった風に、なんでもいいのです。話しかけることで、しっかりとコミニュケーションを取ることが出来ます。話しかけるときに、名前を呼んであげるのも良いですね。
 

そして、話しかけた後に犬がこちらを向いたときには、必ずアイコンタクトを。目線を合わせることで、犬は素晴らしい笑顔をこちらに向けてくれるはずです。
 

この笑顔を見るだけでも、お散歩が素晴らしく、楽しいものに感じられるはずです。
 

コミニュケーションが当たり前になってきたら、次はいろんな場所でいろんな合図を出してみましょう。
 

「待て」


「お座り」


「お手」


「伏せ」


これもなんでもいいと思います。

犬がきちんと実行出来たときには、お家の中と同じように必ずご褒美をあげます。

そのうち、犬の方も
 

「いつ合図が飛んでくるのかな」


「おやつはもらえるのかな」


と、飼い主の方をちらちらと見ながらお散歩するようになってきます。

こちらからアイコンタクトを送らなくても、犬の方からアイコンタクトを取ってくるようになってくるのです。


ここまで来ると、飼い主さんにとっても犬にとっても、お散歩は一日の中での一大イベントにまでなっていることでしょう。
 

もし、天候が悪くお散歩に行けない日には、飼い主さんも犬と一緒にがっかりするようになります。犬との気持ちが通い合ってきたと感じる瞬間でもあるのです。


 

お散歩ルールはその日の気分で


お互いに楽しみながらお散歩が出来るようになってきても、飼い主さんはそのうち飽きてしまうかもしれません。

そんな時には、お散歩ルートを変えてみるのです。

犬も、毎日同じルートをお散歩していると飽きてしまうそうですから、お互いにとっても有効な手段となるのです。

ご自宅の環境にもよりますが、お散歩ルートは複数用意しておいて、その日の気分で決めるようにするというのも、面白いのではないでしょうか。

犬も「今日はどのルートを通るのかな」とワクワクするに違いありません。

そして時には、「今日はこっちがいい!」と自己主張するときもあるかもしれません。
そんな時には、飼い主の権限をフルに活用して、「いや、今日はこっち!!」ということを聞かせてみるのもいいでしょうし、「もう!しょうがないなぁ」とたまには犬の意見に合わせてあげるのもよいかもしれません。後者はごくたまにしておくのがよいとは思いますが。


また、たまには「ドッグラン」に連れて行ってあげるのも良いかと思います。

ドッグランに限らず、ほかの犬や飼い主さんたちと触れ合うことは、犬にとっても飼い主さんにとっても素晴らしい経験となるに違いありません。

犬は、他の犬に対して最初は戸惑うかもしれません。ですがそのうち一緒に遊ぶことを覚え、そして気を使うということも覚えていきます。

飼い主さんも他の方に会ってお話をするだけで、これから愛犬と過ごしていく上での貴重な勉強ができることに間違いありません。



そんな、全ての犬に共通して楽しいハズのお散歩や外出でも、時には行きたがらなかったり、いつものような元気がない時があるかもしれません。

単なる体調不良であればいつもより少しだけ気を配ってあげるだけでいいとは思いますが、もしかしたら命に関わる病気という可能性も潜んでいます。

余りにも状態がよろしくない時は、すぐにでも病院に連れて行ってあげてください。
こういった犬の体調に関することも、毎日のお散歩を一緒に楽しめていればこそ、わかることだと思います。

「早期発見早期治療」は、人間も犬も一緒です。

犬のお散歩は、単に「排泄や運動」のために行くだけのものではありません。
犬も飼い主もたくさん楽しみ、お互いに色んな姿を見せる中で理解を深めるために行くものだと私たちは考えます。

たかがお散歩、されどお散歩。

人間と犬は、触れ合うことでお互いの絆や理解を深めていける動物ですし、その絆や理解が深くなればなるほど、お散歩は一日で一番楽しいイベントになることは間違いありません。

犬の素晴らしい笑顔を見るために、飼い主さんの笑顔を犬に見てもらえるために、しっかりお散歩を楽しんでください。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
この記事を気に入っていただけましたら是非シェアボタンをお願いします。


 

 

 

一般社団法人つなぐいのち ペットホテルらぶはーとについて

JR大森からのアクセス

大森海岸駅からのアクセス 

 

 

ペットサロン ペットホテルらぶはーとは 一般社団法人つなぐいのちの運営施設です。

皆様の利用料金は殺処分0活動に使われます。

 

殺処分をゼロ(0)に

保護にはたくさんの費用がかかります。

皆様の温かい支援(寄付)により運営されております。

 よろしくお願いします。

 

ゆうちょ銀行へ寄付の振込の場合
記号 10140
番号 94015831
名前 シャ)ツナグイノチ

 

他銀行間での寄付の振り込みの場合
店名 018
預金種目 普通預金
口座番号 9401583

 

一般社団法人つなぐいのち 
郵便番号 140-0013
東京都品川区南大井3−24−8

 

不要になった首輪やリード、フードペットシーツなどございましたら、

頂けれると大変助かります。

 

物資送り先
一般社団法人つなぐいのち
郵便番号 140-0013 
東京都品川区南大井3−24−8

 

 

寄付はこちらからお願いします(クレジットカードでの寄付 マスター ビザのみです。)

 

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

ブリーダー崩壊により保護したわんちゃん(犬)や保健所より引き出したわんちゃん(犬)や個人が亡くなって飼えなくなったわんちゃんの保護活動をしております。
 

皆様の温かい寄付にて運営さています。


ゆうちょ銀行振り込みやクレジットカードでの毎月の引き落としなどの寄付もできます。

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

 

Facebookでシェア
Twitterでシェア
Please reload

特集記事