肥満の犬にはダイエット!飼い主さんが考えてあげるべきこととダイエット方法について

May 22, 2017

最近、「愛犬が太ってきた…?」と思っている方はいらっしゃるでしょうか。
 

犬も人間と同じで、肥満と言われる程に太ってしまうと、いろんな病気の危険が迫ってきますし寿命にも影響してきます。
 

やはり、犬にもダイエットは必要だと言えるでしょう。


ですが、犬にも人間と同じようなダイエットを強いるのは間違いです。

私たち人間がダイエットをする理由と犬にダイエットをさせる理由とは、大きく違うからです。


 

 


犬にダイエットをさせることについて

 

人間は「痩せなければいけない」という危機感からダイエットを始めますが、犬は決してそういった危機感を抱いて始めるわけではありません。
 

飼い主である私たちが愛犬のことを想い、「このままではダメだから」と愛犬にダイエットを課すのです。

つまり犬は、自分で痩せようとはちっとも思っていないのです。


 

飼い主さんの意向により始めるわけですから、飼い主さん自身がしっかり目標を立て、管理して行わなければなりません。

自分自身の体調管理と同じかもしくはそれ以上に。

 

 

 

太った原因を考える


犬にダイエットをさせるにあたって、まず考えていただきたいのは「なぜ太ったか?」ということです。

愛犬が太った原因は、ほぼ間違いなく飼い主さんの責任と言えるでしょう。

求められるがままにおやつやフードを与え、時には人間が食べる食べ物も与えたりしている飼い主さんもいるのではないでしょうか?

犬は、飼い主さんから食べ物を与えられる過程で、「これ以上食べたら太るから」と、人間のように腹八分目で食事を終えよう、なんてことは考えません。

与えられたら与えられた分を全て食べてしまいます。

もしも食べ物を必要以上に与えてしまっている場合、飼い主さんがしっかり反省すると共に今後の目標も立ててあげて、ダイエットの工程についてもしっかり管理してあげてください。


 

 

気を付けるべきは「人間との違い」

 

犬にダイエットをさせるときには、人間と同じで「何キロやせる」という目標を立てることが、とても大切だと思います。

その時に気を付けなければいけないのは「人間との違い」を理解しておくことです。

犬を飼っている皆様にとっては当然のことだとは思いますが、同じ5キロでも人間と犬とのそれは全く違います。

ダイエットをさせるにあたって、まずは愛犬の現在の体重が何キロなのかをきっちり把握し、そしてそこから何%落とそう、という考え方が良いと思います。


 

 


 

 
ダイエットの具体的な方法は

目標を立てた次は具体的な方法を考えます。

愛犬が太る原因は、ほとんどが「ご飯量の過多からくるカロリー摂取量の過多」です。

これを防ぐために、何よりも止めなければいけないことは、人間の食べ物を与えることです。

これは家族間で徹底して確実に行いましょう。

元々人間の食べるもの、特にスーパー等で売られている味付けされた多種多様な食品等は、犬の体には(もちろん人間にも)良くないものが多いことは飼い主さんもご存知だと思います。

この機会に徹底して、愛犬には人間の食べ物を食べさせない、という習慣をつけてあげるべきです。


これだけでも随分と体重や体型、ひいては体調も変わってくると思います。

もちろん良好な方へと。


続いては、愛犬に日々与えてきたご飯の量を減らします。

もちろん急に減らしてしまっては愛犬もお腹を空かしてしまいストレスになるでしょうから、少しずつ減らしてあげてください。

犬はご飯の量をもらうよりも、回数をもらうほうに喜びを感じるといいますから、回数は増やしつつ1回辺りの量を減らすのもよいかもしれません。

また、ダイエット用のフードもたくさん出ていますから、そちらのほうに徐々に切り替えていくのもよいでしょう。

犬が食べられる野菜などを入れて、量は減らさずにカロリーだけを減らしていくのも、よいかと思います。

必ず気をつけたいことは、ご飯を減らすのや変更するのはいきなり行わず、少しずつ行ってあげるということです。

この辺りも、やはり飼い主さんがきちんと管理をして、愛犬の健康についても維持しながらダイエットを行ってあげてください。

ご飯の次には、おやつの量についても見直してみましょう。

今まで与えてきたご飯の量が常に適正な量だとしたら、愛犬の肥満の原因はおやつではないかと思います。

愛犬に要求されるがままに与えていたのでは、どんどんカロリー摂取過多になってしまいます。

高カロリーのおやつを上げていたなら低カロリーなものに切り替えたり、ご飯と同じで少しずつおやつの量を減らしていくことで、やはり肥満は少しずつ解消されることになります。



もちろん運動も

最後に、犬のダイエットについてもやはり重要となってくる運動について紹介します。

愛犬とのお散歩には、多くの飼い主さんが毎日行っていると思いますが、その距離や時間を、今までよりも少しずつ増やしてみます。

犬も太ってきたり運動しない日々が続くと、人間と同じで動くということに抵抗が出てくる傾向があるようです。

だからと言って体を動かさないのは明らかに愛犬のためにはなりませんので、少しでも外に出て、太陽の光を浴びることの気持ちよさを教えてあげてください。

ダイエットのためにと無理に走り回らせたりしなくても、しっかりと休みながら、それでいて少しずつ歩くことで運動の量(カロリーの消費)は増えますから、根気よく続けて外を歩くことを習慣付けてください。

お散歩は犬にとっては楽しいものですから、きっと自分から散歩への足を運ぶようになります。

愛犬の肥満は、ほとんどが飼い主さんの責任です。

そしてダイエットを管理するのも飼い主さんの責任であり、それが愛犬の体調や寿命に関わってきます。

肥満であるならばダイエットをさせることは非常に大切なことですが、ダイエットが原因で体調を壊してしまっては元も子もありません。

きちんと目標を立ててあげて、理想の結果に向け飼い主さんも愛犬と一緒に努力し、愛犬の健康的で理想的な姿を取り戻してあげましょう。


 

 

 

本日も、最後までお読みいただきまして誠にありがとうございます。
今読んでいただいている方は、ワンちゃんの健康管理を考えて検索いただいた素敵な飼い主さんかと思います。飼われているワンちゃんも幸せを感じているはずです。

あなたのような素敵な飼い主さんと知り合うことができて、全てのワンちゃんが楽しい毎日を過ごせる世の中であればいいのですが、残念ながら全てのワンちゃんが幸せな一生を過ごしているわけではございません。

急に飼い主さんがお亡くなりになったり、ブリーダーの崩壊などで、住む場所を失い、殺処分を余儀なくされるワンちゃんや猫ちゃんたちは1年間で

平成26年度 101,338件
平成27年度 82,902件

にものぼります。(環境省 統計資料)

このようなワンちゃんを一匹でもなくすために、私たちは日々街頭での寄付活動を行っております。
この記事をお読みいただいた方の中で、私たちの理念に共感いただける方がいましたら、ぜひ寄付のご協力をお願いします。

少しでも寄付のハードルをさげるために、カード決済、銀行振込などで500円から受付けしております。

>>
皆様からいただく寄付金の使い道はこちら

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

この記事を気に入っていただけましたら是非シェアボタンをお願いします。

 

 

一般社団法人つなぐいのち ペットホテルらぶはーとについて

JR大森からのアクセス

大森海岸駅からのアクセス 

 

 

ペットサロン ペットホテルらぶはーとは 一般社団法人つなぐいのちの運営施設です。

皆様の利用料金は殺処分0活動に使われます。

 

殺処分をゼロ(0)に

保護にはたくさんの費用がかかります。

皆様の温かい支援(寄付)により運営されております。

 よろしくお願いします。

 

ゆうちょ銀行へ寄付の振込の場合
記号 10140
番号 94015831
名前 シャ)ツナグイノチ

 

他銀行間での寄付の振り込みの場合
店名 018
預金種目 普通預金
口座番号 9401583

 

一般社団法人つなぐいのち 
郵便番号 140-0013
東京都品川区南大井3−24−8

 

不要になった首輪やリード、フードペットシーツなどございましたら、

頂けれると大変助かります。

 

物資送り先
一般社団法人つなぐいのち
郵便番号 140-0013 
東京都品川区南大井3−24−8

 

 

寄付はこちらからお願いします(クレジットカードでの寄付 マスター ビザのみです。)

 

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

ブリーダー崩壊により保護したわんちゃん(犬)や保健所より引き出したわんちゃん(犬)や個人が亡くなって飼えなくなったわんちゃんの保護活動をしております。
 

皆様の温かい寄付にて運営さています。


ゆうちょ銀行振り込みやクレジットカードでの毎月の引き落としなどの寄付もできます。

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

 

Facebookでシェア
Twitterでシェア