小池百合子知事、ペット殺処分ゼロに意欲 動物愛護イベントで滝川クリステルさんと対談(産経ニュース)

October 24, 2016

 

東京都の小池百合子都知事が、公約で掲げた「ペット殺処分ゼロ」についてあらためてふれられました。
このように、都道府県のトップの方が動いていただけるのはとてもありがたいです。

それまでは私たちが小さな活動、小さな一歩を確実に進めて参ります。

(記事はコチラから)

 小池百合子知事は26日、東京大学(文京区本郷)で開かれた動物愛護イベント「アニマル・ウェルフェアサミット2016」に参加した。

フリーアナウンサーで動物愛護生物保全活動家の滝川クリステルさんと対談し、ペットとの共生について「2020年東京五輪・パラリンピックをひとつの期限とした上で、東京都でいい例を示せるようにしたい」などと述べた。

 7月の都知事選で、公約に「ペット殺処分ゼロ」を掲げた小池知事は、対談で「これまで(公約に掲げた)都知事はいなかったのではないか」とアピール。「知事選(の公約)にふさわしいかどうかは別として、自分は入れたいと思った」と述べると、会場からは大きな拍手が起こった。


 小池知事は安楽死などを除いた犬猫の殺処分が平成27年度、都内で203匹に上ったと説明。ゼロにする手法については「人間教育から始めることが一番早いのではないか」とし、「慈しむ気持ちを子供のころから育てていくことに力を入れるべきだ」と訴えた。

会場には250人を超える聴衆が集まり、立ち見も出た。対談後に4年後の東京五輪までに殺処分ゼロを目指すのかと報道陣に問われると、小池知事は「それよりも前倒しで進めていきたい」と語った。(参照元:産経ニュース 
http://www.sankei.com/region/news/160827/rgn1608270067-n2.html

 

 

Facebookでシェア
Twitterでシェア
Please reload

特集記事

里親募集(ビーグル)2、3歳 ゆずくん

October 31, 2017

1/10
Please reload

最新記事