“【税金を使い殺処分の施設を整える意味を考える】”のコラムはこの下から始まります。

読売新聞の記事より 2012年06月20日
 

2012年の記事になりますが、読売新聞に書かれていた内容を振り返ります。

(ここから)
動物愛護団体は自治体に対し、苦痛を伴わないように「安楽死」を要請しているが、設備があるのは、主要都市では山口県下関市だけだ。

設備が高額なこともあって財政難に苦しむ自治体では「余裕がない」との声が強く、識者は引き取り手の確保などの対策を訴えている。

「人の都合で手放された動物を苦しませるわけにはいかない」。

下関...

“【愛犬の寒さ対策!ブルブル震えることなく冬を越すために】”のコラムはこの下から始まります。

9月に入ったことで夏の暑さも和らぎ、人間も犬も過ごしやすい季節となってきました。

あと1・2ヵ月もすれば、地域によっては涼しいどころか肌寒ささえ覚えるところも出てくるでしょう。

暑いのと同じで、寒さも人間にとっては日々の生活に支障を来す原因となりますが、それは犬にとっても同じことだと言えます。

これから季節が進むに連れ急な気温の低下が発生したときに、大切な愛犬がブルブル震えることなく過ごせるように、事前準備はしっかりとしておきたいもので...

“【ドッグフードにプラストッピング】”のコラムはこの下から始まります。

愛犬の健康状態を考えるとき、その食事の選定にはやはり気を使うものですよね。
 

どこのペットショップでも販売されている総合栄養食(ペットフード公正取引協議会が定めた世界的な栄養基準値をクリアしたものに表示される)と水の2点だけでも、犬が栄養を摂取するという点においては十分です。


ですが、それだけだと味気ないから


・食材をプラスして色々なものを食べさせたい

・太りすぎやアレルギーなどを改善させたい


といった目的をお持ちの飼い主さんは、ドッグフードに野菜や肉、そして魚類を...

“【犬が身に着ける洋服や靴について、その理由と効果を考えてみましょう】”のコラムはこの下から始まります。

最近では、ペットショップなどに行くとペット用の洋服などを目にすることは普通にあります。


可愛いものやおしゃれなものが数多くあり、飼い主さんもどれを着せようか迷ってしまうことがあるかもしれません。


しかしかつては、「犬に洋服なんて着せなくていい!」という考え方が一般的でした。


確かに犬は野生でも生きてきたわけですから、このような意見は正しいように思えます。


それでは実際のところ、犬に洋服は不要なのでしょうか。また、実際に洋服を着せる...

“【【愛犬のごはん】栄養素の基礎知識とドッグフードの見分け方】”のコラムはこの下から始まります。

愛犬のために健康管理をするうえで、欠かせないのが毎日のごはんです。
 

お店の物やペットショップで販売されていて、店員さんに薦められたものをそのまま与えている飼い主は多いかもしれません。


犬に必要な栄養素やドッグフードの選び方、そして与えてはいけない食べ物を覚えておくことも、飼い主にとっては大切な義務です。



必要な栄養素を知りましょう


栄養素(生命をささえる食物中の成分)は、体の構成要素として働き、体内で起こる代謝に関与して促進させます。


...

“【知っていましたか?犬のこんなところがスゴイ!】”のコラムはこの下から始まります。

現代において、すっかりペットとして定着しているのが犬です。

犬と共に生活をするという歴史は古く、古代エジプトの壁画にも犬について描かれているものがあることから、2000年以上もの期間を人間と共に歴史を歩んできた動物であることは間違いありません。

犬と人との長い長い暮らしの中で助け合って生きてきたわけなのですが、まだまだ犬の能力については今日においても研究対象となっているところです。

犬の優れた能力について、私たちはその一部しか知らないことでしょ...

“【夏の暑さは犬にもつらい!暑い時期の過ごし方】”のコラムはこの下から始まります。


暑い夏の時期には、テレビのニュースなどで熱中症や日射病等がたびたび取り上げられます。

こうした夏独特の症状は、抵抗力の弱まっているお年寄りや子どもなどは症状が深刻化しやすい傾向にあります。

しかし、熱中症が心配なのは高齢者や子どもだけではありません。

大切な家族の一員である犬についても、夏にはいろいろと気を使う必要があります。

犬の熱中症について正しく理解し、これを防ぐためにはどのような手段を用いるのがよいでしょうか。

夏という暑い時期での...

“【里親になってみてその3】”のコラムはこの下から始まります。

里親になる覚悟


今、こうして飼い犬と過ごした上で、里親になった当時を振り返って、「里親になる覚悟ができていたか」というと、実はそこまでの覚悟はできていなかった部分もあるのではないかな、と思っています。


私は犬がもともと大好きだった、というわけではなく、どちらかというと吠えられたり噛まれたりといった恐怖があるくらいでした。


しかし、このままでは殺処分になってしまう、そう聞いて出会った今の飼い犬と、一緒に暮らして、最後まで看取ろうと、現在では思っています。



里親になってみて...

“シニア犬との向き合い方と看取りケア”のコラムはこの下から始まります。

癒しや日々のうるおい・楽しさを求めて飼いはじめていたのが、それだけではなくいつの間にか自分や家族にとってかけがえのない存在になっている。

それがペットです。

家族と同じ存在が時間の経過とともに成長し、いつかは衰えていき、そして病気になってしまったら…。

そのとき、ペットのために飼い主としてできることは何があるでしょうか。

平均寿命とシニア期のはじまりは?


犬の平均寿命は、小・中型犬が約15歳で大型犬が約10歳と言われています。
 

老化が始まるシニア期は小・中型犬が10歳ご...

“【里親になってみてその2】定年を迎えた父が元気に”のコラムはこの下から始まります。

里親になれて、こちらが感謝したい気持ちです。
 

里親会にご入会を頂いた方から寄せられた、とても嬉しいお声を掲載させて頂きます。
 


以下本文。
 

私の家は、両親と私の3人家族です。
 

母もパート勤めをしていますが、父はというと定年を迎えたことで毎日家で、一人で過ごしていました。
 

結婚が決まった私がもうすぐ出ていくことになるので、父はもっと寂しくなるだろうと思っています。
 

そこで私は、毎日を暇そうに過ごす父が、これから一緒に過ごすことが出来るペット...

Please reload

特集記事